原川ボス 今月のコラム

2018年03月28日

熊本城の石垣

一月往ぬる、二月逃げる、三月去る。
昔の人はよく言ったものですね。
まさにこの言葉のとおり、あっという間に三月になりました。
毎年恒例の花粉症でお悩みの方も多いでしょう。
かくいう私は、原因不明の肩の痛みが先日から悩みのタネです。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですので、
いつも以上に健康管理を徹底したいものですね。

さて、今号のテーマは熊本城の石垣について。
二月下旬、一泊二日で熊本に行ってきました。問屋さん主催の視察旅行で、最大の目的は熊本城を見ることです。出発は富士山静岡空港から。福岡に降り立ち、バスで熊本に入りました。九州は不案内なのですが、福岡と熊本、意外に近いなあと思いました。
みなさんもご存知の通り、2016年4月の熊本地震により、熊本城も甚大な被害を受けました。刻々と復旧工事が進んでいることはニュースで目にしたことがありますが、実物を目の前にした時は、その威容に驚きました。地元の浜松城とは、敷地全体を含めてスケールが違うのですね!
まだ地震の爪痕は至るところに残っていましたが、熊本城の特長の一つである石垣の被害は痛々しいほどでした。西南戦争でもほぼ被害がなかったこの石垣、“石垣普請の名手”と言われる加藤清正公が築いたことで知られており、地面付近は勾配が緩く、上がるに従い勾配がきつくなる独特なもの。別名武者返し(むしゃがえし)と呼ばれており、熊本銘菓にも同名のお菓子があるんですよ。確かに、石垣の上のほうを見上げてみればほぼ垂直! これでは登るのは難しい! この急な部分は「算木積(さんぎづみ)」と呼ばれる積み方だそうで、石垣の角の部分に長方形の石を左右交互に積んであることが強度の理由だとか……。
現在、石垣はパズルのピースをはめるように、元通りの配置で組み直すべく工事が進められています。一つひとつ、元の場所を確認して戻すには長い時間がかかるようです。
阪神・淡路大震災から今年で23年、そして東日本大震災から7年が経ちます。南海トラフ地震が起きた場合に大きな被害が予想される浜松は、地震をはじめとする自然災害は対岸の火事ではありません。熊本を訪れたことで、改めて被災地の復興への道のりを考える機会を得ました。
余談ですが、熊本の中心街のにぎやかだったこと! 再建が進む街の力を体感できました。馬刺しや辛子れんこんなどの郷土料理も食べられましたし、パワーをたくさんもらえた二日間でした。
(2018年3月6日 記)

Profile

名前
原川 誠
Profiles/原川誠2.png

2018年01月29日

2018年の見通しは?

明けましておめでとうございます!
「平成」三十年がはじまりましたね。
皆様、どんなお正月を過ごされましたか。
冬でも晴天の多い街、浜松ですが、
風が強く、体感温度が低いのがつらいところ。
屋外にいるのは厳しい時期です。
そんな厳冬期に気を付けたいのが風邪やインフルエンザ。
どうぞ日々の体調に気を配り、健康にお過ごしください。

さて、今号のテーマは、2018年の見通しについてです。
今年の新築戸建て住宅業界の動向は……、おそらく、さほど上がり下がりもなく、良くもなく悪くもなく、といったところでしょうか。株価は上がっていますが、好景気の実感は未だ薄いのが現実です。来年に予定している消費税増税に向けて、駆け込み需要が起こる可能性もありますが、現時点ではそういった動きは感じられないですね。我々としては、忙しい時期と暇な時期の落差が小さいほうが仕事をしやすいのが正直なところ。ですが、どんな時も誠実にコツコツとやっていこうと思っています。
さて、弊社の2018年の課題は、人手を増やすことです。ここで考慮しなければならないのが、“働き方改革”です。政府が実現を掲げている働き方改革の基本的な考えは「働く人の視点に立って、労働制度の抜本改革を行い、企業文化や風土を含めて変えようとするもの」(首相官邸HPより抜粋)。その最たるものに、長時間労働の是正が挙げられますが、弊社のような業種の、地方都市の中小企業にとっては、それを取り入れて行くのはなかなか難しい。お客様あっての商売で、守らねばならない納期があるからには、時には誰かが残業をせざるを得ない状況になることも多いのです。
では、残業そのものをどうやって減らしていけば良いのかを考えた時に、一番効果があるのが、弊社のスタッフを増やすことです。しかし、この人手の確保、そうたやすくはありません! 図面がわかる人、材木に詳しい人、等など、老若男女問わぬ募集をかけても、なかなか弊社のニーズに合う人材が現れません……。少子高齢化が進み、生産年齢人口(15~64歳)は減少の一途。今後、日本全体でますます労働力が減少していくことがわかっている以上、早急に実現すべきは人材の確保。2018年の大きな課題です。
それから、個人的な抱負は、今年も健康第一! です。体調管理は日頃から気を付けていますが、これまで通りウォーキングを継続し、体重をもう少し落としたいですね。
最後になりましたが、今年夏、弊社は創業60周年の記念式典を開催する予定です。本年も、地道に誠実に、しかしチャレンジ精神も忘れずに、皆さまのお役に立てる仕事を積み重ねていく所存です。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます!
(2018年1月10日 記)

Profile

名前
原川誠
Profiles/原川誠2.png

2017年11月27日

2017年の総括と、2018年に向けて

あっという間に秋が深まりました。
空は高く、街路樹は色づき、
散歩が気持ち良い日が続いています。
毎年言っていることですが、
本当に1年はあっという間ですね!
いろいろやり残したことがあるような、ないような……。
そんなことを思っているうちに、師走が近づきつつあります。


さて、今号のテーマは、毎年恒例! 今年を振り返ってみましょう。
2017年の建築業界は、総じて落ち着いた一年だったように思います。それが良いのか良くないのか……、新築住宅の市場的にも落ち着いていて、ぐっと売上がアップするのはなかなか難しいな、と感じる一年でもありました。ですが、10月後半からじょじょに需要が増加してきて、復調を感じ始めています。だいたい、3月末の決算期に向けて、ハウスメーカーや工務店が本腰を入れるのがこの時期から、だからでしょうか。毎年、秋から仕事が忙しくなるのもまた、恒例になっています。
また、今年は大手メーカーが静岡県内に進出してきた年でもありますね。たとえば、飯田グループ、秀光ビルド、オープンハウスなどで、地元メーカーにとっては新たなライバルです。過去にこのコラムでもお話ししていますが、我々はやはり、地元の住宅会社さん、工務店さん、大工さんに家を建ててもらいたい、と希望されるお施主さんが増えてほしいです。それこそが、地元にお金を落とし、経済や景気を良くすることにつながります。そのためには、我々地元の企業に、大手にはない魅力や付加価値が必要ですね。ハードルは高いですが、地道に取り組んでいきたいです。
弊社の大きな課題の一つに、新築戸建住宅以外の販路拡大があります。少子高齢化しかり、増税問題しかり、数々の理由から新築戸建住宅の着工数は今後減少していく可能性が高いです。そんな中でも、たとえば保育園や介護福祉施設など、これからも増えていく建造物に必要な建材を販売していけたら……。そんなことも視野に入れたいと思っています。
私ごとですが、11月初旬、2泊3日でオーストラリアを旅してきました。ゴールドコーストに滞在したのですが、南半球のあちらは春。治安は良く、食べ物はおいしく、海で泳ぐこともできました。私は今回の滞在で初めて知ったのですが、コモンウェルスゲームズをご存知ですか? オーストラリアを含む、イギリス連邦に所属する53の国と地域から70以上のチームが出場する大会です。1930年に第1回が行われて以来4年に一度開催されています。開催種目はオリンピック競技のほか、7人制ラグビーやネットボール(バスケットボールのルールを基準に、女性が競技できるよう改良された競技)などです。この大会の存在を知った時に考えたことがあります。それは、私たち日本人には直接関係のない物事とは言え、地球上にはまだまだ知らないことがたくさんある、ということです。そして、テレビや新聞などが伝える情報のみをニュースだと思っていると視野が狭まっていく一方だ、ということです。海外旅行は、こういった気付きを得る体験でもあるのですね。
最後になりましたが、本年も大変お世話になりました。弊社は今年で創業60周年。来年は記念式典を予定しております。来年も、どうぞ変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます!
(2017年11月8日 記)

Profile

名前
原川誠
Profiles/原川誠2.png

前のページ

次のページ

  • 1
川原の最新情報をメールでお届け 住まいのことならお気軽にご相談ください
▲PAGE TOP