原川ボス 今月のコラム

2019年05月30日

令和はどんな時代に!?

平成の終わりと令和の始まりをはさんだ
ゴールデンウィーク、
皆様はどのように過ごされましたか?
10連休を楽しんだ方もいれば、
休んでばかりはいられなかった……という方もいたと思います。
かくいう弊社も、10連休ではなく、
連休前は急ぎの仕事に追われ、
連休明けも急ぎの仕事に追われ……。
となるのは必至なので、このコラムは
ゴールデンウィーク前に執筆しました。
メールマガジン発行までタイムラグがありますが、
お付き合いいただけますと幸いです。

さて、今回のテーマは「令和はどんな時代に!?」です。
新元号の発表以来、「さよなら平成」ムードが高まっていますね。テレビやラジオ、新聞や雑誌等、各媒体で盛んに平成回顧の情報が取り上げられています。懐かしいヒットドラマやヒットチャートを見聞きして、平成を振り返る方も多いのではないでしょうか。
私は昭和時代に弊社に入社し、平成になって社長職を継ぎ、今に至ります。社会に出て三つ目の元号を迎えるにあたり思うのは、とにかく便利な世の中になったな、ということです。
特に、インターネットの普及は、世の中を大きく変えたように思います。1990年代にインターネットサービスプロバイダがサービスを開始し、早30年。ダイヤルアップ接続サービスだった時代は今や遠い昔、現在は街中のFree Wi-Fiを利用できるようになりました。携帯電話はスマートフォンになり、そのスマートフォンでキャッシュレス決済も可能になり、財布を持たずに出かけられる世の中に。こうした便利なものが増えて行く一方で、なんでもかんでもスマホ頼りの風潮にはちょっとついていけないな、と私のように感じる同年代の声もよく聞きます。
インターネットの普及により、情報化社会は加速しました。スマホを開けば、他国の情報ですら簡単に知ることができます。アメリカとロシアの冷戦、北朝鮮の動向など、昭和の時代には新聞やテレビでしか知りようがなかったことを思い返すと、隔世の感を禁じ得ません。ただ情報を受け取るだけでなく、SNSによって、自ら情報を発信できるようになったことも、30年前には思いもよらぬことでした。もちろん、メールマガジンを発行し、コラムを書いていることも、です。
さて、我々建材業界において、令和はどんな時代になるのでしょうか。一つ、これから進められていくと考えられているのが、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略なのですが、近頃耳にすることが増えています。しかしながら、この言葉、どうもわかりにくいですね。かいつまんで言うと、地球環境や経済活動、人々の暮らしなどの持続を可能にするために取り組む行動計画を意味します。詳細な説明をここに載せると長文になってしまいますので、興味のある方はぜひ調べてみてください。2015年の国連総会で採択されたもので、すべての国連加盟国が2030年までに取り組む、とされています。SDGsに含まれるのは「貧困をなくす」、「気候変動への具体的な対策」、「質の高い教育」など17分野。日本でも企業や自治体、教育・研究機関をはじめ、さまざまな団体が取り組みを進めています。ちなみに、我々建材業界もSDGsに関わりがあります。我々が取り扱う日本各地の木材は、17分野のうちの1つ「陸の豊かさも守ろう」に通じるからです。森林は、違法伐採や過剰伐採されることなく適切に管理されてこそ、豊かな木材を継続して供給できます。木材を住宅に使うことが、国産材の持続と森林保護につながるのです。
最後になりましたが、令和という時代に私が望むのは、やはり戦争の無い、平和な社会です。住まいは家族の幸せの象徴。その幸せは、平和な暮らしがあってこそ心のうちに生まれるものですから。
令和元年も宜しくお願い申し上げます!
(2019年4月25日 記)

Profile

名前
原川誠
Profiles/原川誠2.png

2019年03月28日

東京五輪・パラリンピックの影響!?

毎年恒例ですが、年度末はあっという間に過ぎていきますね。
浜松はすっかり暖かくなり、
春の陽気が心地良い日が続いています。
ということは、花粉が盛んに飛び交っているわけで……。
花粉症の方は、本当にしんどい季節だと思います。
ともあれ、4月はもうすぐそこに!
フレッシュな気持ちで日々をおくりたいものですね。

さて、今回のテーマは「東京五輪・パラリンピックの影響!?」です。
開催を来年に控え、世間は東京五輪・パラリンピックへ向けて盛り上がりを見せて……はいないような? というのが、個人的な意見です。それは、都民ではないからかもしれませんが、過去の五輪を思い返してみると、私が子どもの頃はもっと日本全体がお祭り騒ぎだった記憶があります。
たとえば、1964年東京オリンピック。私は9歳でしたが、子ども心に女子バレーボール(東洋の魔女!)や体操、柔道、レスリング、水泳など日本人選手の活躍はもちろん、外国人選手の活躍も「すごい! すごい!」とワクワクしました。1964年東京オリンピックは、有色人種国家における史上初のオリンピックであり、戦後、日本が大きな復興を遂げたことを示すシンボル的な意味もあったんですよね。とにかく日本全体が、大きな興奮に包まれたことを覚えています。
対して、2020年東京五輪・パラリンピック。今のところ、国家を挙げての盛り上がりは……どうなんでしょうか。最近よく思うのですが、インターネットが普及したことも、こうした「盛り上がりに欠ける」ことの一因ではないのかな、と……。というのも、昔は、多くの人はテレビや新聞から世の中の情報を得ており、いわば情報の発信元が限られていました。家で、家族でテレビや新聞を見て、それを話しながら団らんの時間を過ごすことも多かったと思います。政治、社会、経済……世の中で大きな出来事が起きると、皆でそれを話題にできました。日本国民全体でニュースを共有していたようなものだったんですよね。でも、インターネット上に多くの情報があふれる現代は、個人が情報を選択できる時代です。見たいものだけ選んで見て、興味がないものは見ないで済んでしまう。このように考えると、いまいち盛り上がりに欠ける自分の気持ちにも頷けてしまうのです。
しかし、ちょっと見方を変えれば、2020年東京五輪・パラリンピックももっと身近な、気になるものに思えるかもしれません。そのカギは、やはり、自分が暮らす街も関わっている、ということです。実は、建設中の新国立競技場には、天竜杉が使われることをご存知ですか? 47都道府県からそれぞれ1.5~3立方メートル(震災で被災した岩手、宮城、福島、熊本の4県は計40立方メートル)のスギ(スギが無い沖縄県のみリュウキュウマツ)を合計145立方メートル調達。建物1~4階の外側に突き出す軒びさしなどに使う予定だそうです。建築家の隈研吾氏は「ナショナルスタジアムとして全国の人々が心を一つにするため」という設計意図を発表しています。日本各地の木材がどこに使われているのかを探すのも、新国立競技場を訪ねる楽しみになりますね。
子どもの頃を振り返ると、オリンピックや万博などの世界的な祭典は一生忘れられない記憶になったものでした。せっかく再び日本で開催されるのですから、今の子どもたちにもたくさんの思い出をつくってほしい。そのためには、まずは私たち大人が盛り上がらねば! ですよね。ワクワクする気持ちを温めながら、開催を待ちたいと思います。
(2019年3月4日 記

Profile

名前
原川誠
Profiles/原川誠2.png

2019年01月28日

2019年の予測と上海について

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
2019年、新しい年がはじまり、
浜松は冬晴れの日が続いています。
陽射しは暖かいですが、遠州のからっ風は冷たい……。
雪深い土地に比べると、
随分過ごしやすい街だと思いますが、冬の寒さが身に沁みます。
巷ではインフルエンザや風邪が流行っていますね。
みなさまご自愛ください。

さて、今回のテーマは「2019年の予測と上海について」です。
まずは、年始のコラムの恒例、今年の展望ですね。前回のコラムでも述べましたが、来る10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられることになりました。そこで予測されるのが、駆け込み需要です。住宅の場合、引き渡しが2019年9月30日までに完了すれば、消費税は8%となりますが、10月1日以降の場合は10%になってしまいます。しかし、工事請負契約を3月31日までに完了していれば、引き渡し時期に関わらず消費税は8%となることから、3月に駆け込み需要の第一波がくることが予想できるわけです。あとは9月、増税直前に引き渡すために需要が増えると言われています。
とは言え、駆け込み需要後の反動を抑えるべく、政府は住宅エコポイント制度の再開を検討しているとの報道がありましたし、住宅ローン減税の拡充や、すまい給付金の拡大も検討されているそうです。これらを踏まえると増税の前と後、どちらのタイミングで家を建てる方がお得なのか……と迷ってしまいますよね。
一つ、確かなことは、これから家を建てる可能性のある方は、日頃から情報収集を怠らないに越したことはない、ということです。建てる場所や空間のイメージ、暮らし方の希望などを考えておくことで、いざというときにすばやく行動にうつすことができます。何事も備えあれば憂いなし! です。
タイトルに加えた「上海について」ですが、昨年11月、二泊三日で上海へ行ってきました。目的は「第1回中国国際輸入博覧会」の視察です。中国国際輸入博覧会は、中国政府主導の「輸入」に特化した総合見本市で、日本からは約380の企業・団体が出品。展示スペースと出品者数は、両方とも国別で最大の参加規模だったそうです。
我々は住宅建材の問屋さんの関係者として入場しました。中国は住宅もコンクリート造りがほとんどだそうで、木造は少数派です。しかし、現在中国で1億人はいるという富裕層の中には木造住宅に関心を持っている人も多いようで、今度木造住宅関連の企業にとって中国が大きな市場となっていく可能性は高いのだとか。実際、博覧会の開催中は、多くの問合せや商談があったそうです。
私は今回初めて上海を訪れましたが、東京と見紛うばかりの大都会ぶりに驚きました! 高層ビルが建ち並び、通りは整備が行き届き、街並みは美しい。これまで抱いていた中国のイメージがくつがえりました。以前上海を訪れたことがある人達も驚いていたので、よっぽど変わったのでしょう。これから中国は世界の中心に位置する大国になっていくだろう、という考えがさらに強まりました。少子高齢化が加速する日本において、住宅産業の需要は減ることはあっても増えることはまずないでしょう。そうなると、今後、業界全体が海外に市場を探さざるを得なくなるわけで、中国の動向への注視は不可欠です。
とは言え、我々は地元あっての企業。視点はグローバルに、心はローカルに、目の前の仕事を一つひとつ、誠実にコツコツとこなしていくことこそが2019年の抱負です。そして、個人的な抱負は、中断していたウォーキングを再開し、健康維持に努めることです!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
(2019年1月15日 記)

Profile

名前
原川誠
Profiles/原川誠2.png

前のページ

次のページ

  • 1
川原の最新情報をメールでお届け 住まいのことならお気軽にご相談ください
▲PAGE TOP